一般歯科

虫歯や歯周病の治療、失ってしまった歯を補うブリッジや入れ歯の作成などを行います。可能な限り“歯を削らない”“歯を抜かない”をモットーに皆様に満足していただけるよう治療を進めていきます。しかしながら保険制度の制約がありますので同じ治療法でも治療に使用する材料の違いによって保険診療ではなくなるケースもあります。

虫歯の進行度について

虫歯はC0~C4といった段階で表され、数字が大きくなるほど虫歯が進んでいることを表します。痛みの強さなど症状や段階によって治療方法も異なります。
*Cとは英語のカリエス(Dental Cries)の略で虫歯の事です。

  


C0

 

ほとんど自覚症状がありません。定期健診やリコールで見つかることがあります。もちろん早期発見・治療が第一です。

この段階ではできるだけ削ったりせず丁寧な歯磨きやフッ素で再石灰化を進めることによって虫歯の進行を食い止めるだけでなく治すこともできます。

 

C1

 

白い斑点や黒い着色で始まりますがこの段階でも自分で発見するのは難しく、またほとんど自覚症状がありません。虫歯の範囲がエナメル質までにとどまっています。

 


C2

 

エナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が進行している状態です。
冷たいものがしみるなどの自覚症状が出てくるのはこの段階です。

 

 

 

C3

 

虫歯が神経の近くまで進むと冷たいものよりもむしろ熱いものがしみるようになります。
神経内の圧が高まり神経が圧迫されるのでズキズキ脈を打つように痛むこともあります。
悪化すると膿がたまりあごの骨まで病気になることもあります。


C4

歯の根元(あごの骨の中)に膿が溜まってしまい、ボロボロになった歯の根だけが残っている状態です。この段階になると治療も難しくなり歯を失う(=抜歯)場合もあります。

 

*C1、C2は虫歯でおかされている歯質を削って詰めるだけなので1~2回で治療も終わります。痛みが出てからだとC3まで進行していることが多く神経をとる治療が必要になり元の噛める歯に戻すにはだいぶ回数が多くなります。

〒431-1112
静岡県浜松市西区大人見町3447
053-525-9111
アクセス・駐車場のご案内
【 平日
午前 10:00 ~ 13:30
午後 15:30 ~ 20:00 
【 土・日
午前 10:00 ~ 13:30
午前 15:00 ~ 18:00 
【 休診日  水曜日・祝日
ページのトップへ