入れ歯(義歯)

保健の入れ歯

保険で作れる入れ歯は材料や構造に決まりがあります。
部分入れ歯の場合はレジン(プラスチック)でできた床(土台)の上に人工の歯を並べ、金属のバネで固定する仕組みになります。

 

総入れ歯の場合はレジン(プラスチック)でできた床(土台)の上に人工の歯を並べた仕組みになります。

 

● 安価で作成できます
● 作成までの診療回数が短くできます

● 入れ歯の厚みがあり違和感や話がしにくくなることがあります
● 破折することがあります
● 長期間の使用により摩耗や変色が起こります
● 部分入れ歯の場合、金属のバネが目立つことがあります
● 総入れ歯の場合、熱感は感じにくいです

自費の入れ歯

保険の入れ歯に比べ、よりお口にフィットし、見た目や使い心地も良い入れ歯を作成するために、保険では使用できない高価な素材や器機を使用し、製作工程もかなり細かなものとなります。

 

レジン(プラスチック)の一部を金属にしたもの。
金属は強度に優れているため、薄く小さく作ることができます。
そのため保険の入れ歯の「話しにくい」という欠点を大幅に改善する事ができます。

 

● 強度が高いため壊れにくいです
● 薄く小さく作れるので違和感が少ないです
● 付け心地が良く、冷たい熱いが感じ取れます

● 金属アレルギーの方には不向きです
※ただし、チタンはほとんど人にアレルギーはありません。また、チタンの方が薄く軽く作ることができます。

外見はほとんど保険の入れ歯と変わりはありませんが、歯ぐきに当たる部分に軟らかいクッションを貼った入れ歯です。
イメージは入れ歯と歯ぐきの間に座布団を敷く感じです。

 

● ソフトな感触で痛みが出にくいです
● 吸着力が高まりよく噛めます
● 装着感に違和感がありません

● 定期的なメンテナンスが必要で調整に手間がかかります
● 熱感は感じにくいです

部分入れ歯の金属のバネの代わりに柔らかく弾性に優れたナイロン樹脂を用いた入れ歯です。

 

● 見た目が自然で目立ちにくいです
● 残った歯に負担をかけません
● 弾力性の高い素材を使用するので壊れにくいです
● お餅やガムがつきにくいです

● バネの代わりの樹脂部が壊れると修理できません
● 定期的なメンテナンスが必要で調整に手間がかかります
● 熱感は感じにくいです

抜かずに残す事のできる歯の根に金属の板を埋め込み、入れ歯の中に磁石を埋め磁力により吸着させる入れ歯です。

 

● 装着や取り外しが簡単で手入れが楽です
● 磁力で吸着させるため小さくできます
● 見た目は自然で目立ちにくいです
● 歯の根が残っているため噛んだ時の感覚が感じやすいです

● 心臓にペースメーカーを入れられている方は使用できません
● MRIの撮影の際は入れ歯をはずさないといけません
● 歯に金属の板を埋め込むため神経のない歯にしか使用できません

抜かずに残す事のできる歯の根に金属のキャップに突起がついた被せものをとりつけ、その突起を入れ歯にはめて固定する入れ歯です。

 

● 装着や取り外しが簡単で手入れが楽です
● 歯の根が残っているため噛んだ時の感覚が感じやすいです

● アタッチメント埋め込むため神経のない歯にしか使用できません
● 数本は行わないと入れ歯の安定が得にくいです

失った歯の近くにある、まだ残っている歯の外側を削り、金属の筒状の被せものをつけ、その歯を使って入れ歯を固定する入れ歯です。

 

● 違和感が少なく硬いものでも噛む事ができます
● 義歯の中では最高の噛み心地です
● 見た目は自然で目立ちにくいです
● 歯に金属の筒をつけるため清掃がしやすいです
● 入れ歯の修復が容易に行えます


● 入れ歯を支える歯を削る必要があります
● 高度な治療技術が必要なため扱える歯科医院が少ないです
● 他の義歯に比べると少し高額になります

 

 

歯を失った場合入れ歯・ブリッジ・インプラントと複数の治療法があります。
どの方法を選ぶかで悩まれる方は多いと思います。その時の参考にして頂ければと思います。

入れ歯のメリット

歯を削らない
一部の入れ歯を除き、残っている歯はほとんど削る必要がありません。

外科処置をする必要がありません
欠損部の治療で最近増えているのがインプラントですが、インプラントは外科処置が必須です。また、歯医者により経験値の差が大きいですが患者様からは判断が難しいため不安がある方も多いと思います。
そのような方には入れ歯はお勧めだと思います。

どの様な状態でも作成が可能
ブリッジは隣の歯を支えにする方法のため歯がないとできない場合があります。
インプラントは骨粗鬆症の方やアゴの骨が少ない場合はできない場合があります。
入れ歯は歯がなくてもアゴの骨が少なくても治療が可能です。

お口の手入れがしやすい
ブリッジ・インプラントは取り外しができないため歯の隙間の掃除が難しくそこから虫歯や歯周病になる場合があります。
入れ歯は取り外しができるため歯磨きがしやすく、残っている歯を守りやすいです。

残っている歯が抜けた場合、修理で対応ができる事が多い
ブリッジは支えている歯が抜けると再度最初から治療をやり直す必要があります。
インプラントは1本行うと、基本他の歯が抜けた場合も追加する本数分費用がかかります。
入れ歯は種類にもよりますが歯がなくなっても修理できる事が多いため比較的安価で対応する事ができます。

入れ歯のデメリット

種類によっては高額
インプラントやブリッジも同じですが種類によっては自費になります。
自費のものは種類が多いので『痛みがない』『噛みやすい』『見た目が自然』など特徴と費用で選ぶ必要があります。

調整の仕方や種類によっては痛みを伴う
それぞれの患者にあった調整をしないと痛みを伴う事があります。
保険の義歯はうまく調整をしても、結局痛みが出てきてしまう場合が多いです。


〒431-1112
静岡県浜松市西区大人見町3447
053-525-9111
アクセス・駐車場のご案内
【 平日
午前 10:00 ~ 13:30
午後 15:30 ~ 20:00 
【 土・日
午前 10:00 ~ 13:30
午前 15:00 ~ 18:00 
【 休診日  水曜日・祝日
ページのトップへ